心を動かせるエンターテイメントであれ 平野裕子

プロフィール

教育業界、役員秘書、人事等を経て28歳で独立。ビジネスマナー、メンタルケア、人事考課まで幅広い研修やコンサルティングを行っている。

「参加者の未来を動かす究極のエンターテイメント」をモットーにライブ感のある研修、コンサルティングを実践。 見た目の若さとは裏腹に幅広く奥深い経験値を有するため、多種多様な実例を挙げてのレクチャーは誰もが自分にふさわしい成長のヒントを得られると好評を博している。

コンサルティング内容

新人社員から管理職、トップまでそのポジションに応じた「サバイバルできる企業」になるための人材育成研修。
得意分野は「人間力を高める」営業研修。

コンサルティング・研修実績

・マンパワー処遇改善事業、マンパワー未就職者教育事業

INTERVIEW

Q:「人材育成」というと、まず新人社員のマナー研修が思い浮かびますが、ビジョンリンクのパートナーとしては、どのような人材育成が求められていると思いますか?

心を動かせるエンターテイメントであれ 平野裕子

私の人材育成研修は新人社員に限らず、中間管理職から経営のトップまで対象としています。最近経営者の方から聞かれるのは「普通じゃダメなんだ」という言葉。大量生産大量消費の高度成長期は社員全員が一律であることが求められましたが、多品種少量生産でしかも物語消費にシフトしてきている低成長期の現代は、個々が自分らしく秀でていないと企業は生き残れないというんですね。

社員を企業や商品の第一のファンに育て、また社員を魅了するビジョンを語れるトップを育てることを私の人材育成は使命としています。

Q:中でも営業研修が得意とのことですね。

心を動かせるエンターテイメントであれ 平野裕子

はい。ビジョンリンクの事業内容の柱の一つに営業体質の改善があります。
 営業力の改善もかつてのような精神論では結果は出せません。消費者はモノではなく物語を消費しています。その物語を創造するのは人であり、関係性。現代の営業力とはすなわち営業マンの「人間力」です。
人は一人ひとり違いますから、従来の営業研修のような一律のレクチャーでは人間力は高まりません。研修の参加者一人ひとりに合わせて様々な事例を提示することで、それぞれが自分なりの気づきにつなげていただけるような研修を行っています。

Q:ビジョンリンクのパートナーとして行った研修実績についてお聞かせください。

心を動かせるエンターテイメントであれ 平野裕子

一つひとつどれもが思い出深いですが、なかでも若年層の定着率アップを図るためのマンパワー処遇改善事業で研修を行った案件は記憶に新しいです。
 クライアントはIT企業です。営業部門と開発部門が断絶しており、組織のベクトルを合わせることが、組織として次のステージにランクアップするために克服すべき組織全体の課題の一つとなっていました。そこで、部門間の理解不足解消のために営業部門が業務内容を社内に向かってプレゼンするという研修を行いました。
 実は、その際に培われたプレゼン技術が実際の営業に活きて、主力商品の大型契約につながったという嬉しい副産物のご報告をいただきました。
 長期的なコンサルティングと違い、研修は短期で完結しがちですが、今後は継続的な研修を推奨し、検証を重ねて次回に生かせる一貫した研修を行っていきたいと考えています。

Q:ビジョンリンクのパートナーとして、仕事のうえで大切にしていることは何ですか?

心を動かせるエンターテイメントであれ 平野裕子

私は「オーク総合教育」の代表ではありますが、パートナーとして仕事をさせていただくときには、ビジョンリンクの社員であるという気構えで仕事に望んでいます。木下代表とベクトルを合わせ、クライアントと真剣に向き合っていきます。
 私の仕事は研修の参加者の中にたくさんの石を置く仕事だと思っています。それらの石は波紋を作り、いつか心の琴線に到達するでしょう。その石とは、生きづらい現代社会を生きやすくするヒントです。今は気づかなくても何年か後でも気づいてくれればいいとも思っています。 
私の仕事のモットーは「心を動かすエンターテイメントであれ」です。そのために研修1回1回を死ぬ思いでやっています。そうすることでしか伝わらないものもあると知っています。ときには厳しい事を言い、クライアントとぶつかり合ってしまうこともあります。しかし、それができたということは、お互いに本気になれたからということではないでしょうか。私は器用な人間ではありませんので、こうしたやり方を通して、頭だけでなく心に働きかけていきたいと思っています。