競争に勝ち続ける為に

「ぶれない軸」と「絶えざる進化」による事業構造の転換へ

経営戦略

CONCEPT

  • 企業理念の浸透による組織力の向上
  • 経営ビジョンの見える化
  • 戦略思考への転換による経営力強化
「ぶれない軸」と「絶えざる進化」による事業構造の転換へ

PROCESS

経営者との面談(1時間程度)
経営者から見た組織の現状や経営・事業戦略の方向性などを把握
(経営者としての考え方、言葉、想い、組織の問題点など様々な角度から情報収集を行います)
経営ビジョンの共有と経営戦略
組織の現在(今)とありたい姿を明確にした上で
今何が大切か、取り組むべきことは何かを明らかにしていきます。
経営ビジョン、経営戦略の見える化
上記1.2をもとに経営ビジョン、経営戦略のロードマップを作成することで、
「現在の課題」と「実行すること」が明確になります。
経営戦略の基盤(ウェイ)の重要性についても触れていきます。
ウェイマネジメント策定、プロジェクトメンバーの選出
組織、チームに影響力のあるリーダーの選出
ウェイマネジメント策定プロジェクトチームを結成
スタートアップミーティング
ウェイを導入している企業の事例、ウェイの効果、ウェイ策定のステップの説明等
導入前に知識として講義形式で理解を深めて行きます。
ウェイマネジメント策定/コンサルティング開始
経営ビジョン、経営戦略、組織の問題等(上記1,2,3)よりウェイマネジメントの軸となる言葉や情報(素材)を収集

企業理念、ビジョン、ミッション、価値基準、行動指針をワークショップ形式で作成

ウェイ完成後は共有、浸透に向けてコンサルを進めていきます。

MERIT

メリット1 組織の一体感向上(エンゲージメント力)

目指すべき姿が明らかになり社員全員が同じ方向を見ることで組織に一体感が高まり、連携力の向上、コミュニケーション環境も改善される

メリット2 リーダーシップ力の発揮

価値観に基づいた状況判断ができることで、ひとり一人が主体性を発揮し、すばやく行動することができ、組織、チームとしてのリーダーシップ力が向上する

メリット3 経営スピード力向上

現場への権限委譲もしやすくなり、経営スピードや変化への対応力が向上する。また、現場の成長意欲や当時者意識も高まる

メリット4 人材採用、育成

ウェイの賛同する人材を広く集めることが可能であり、採用面接時のミスマッチを防ぐこともできる。結果、自社に適した人材の採用が可能、社員教育、育成計画の際の基準ともなる

メリット5 経営戦略が立てやすい

戦略策定をする際の判断基準となるために、戦略ビジョン、方向性などにブレがなくなり、戦略の実行スピードが増し、業績向上も期待できる。

MODELCASE

経営戦略の基盤となるウェイマネジメント策定で

阿字ヶ浦クラブ(宿泊業)

・戦略を確実に実行できる組織へ

メンバー
支配人含む3名
コンサルスタイル
ワークアウト&ブレスト
コンサル期間
1年
コンサル目的
ウェイマネジメント策定で組織のベクトルを合わせて戦略的組織への転換へ
1. ウェイ策定に伴う組織内部の問題点の洗い出し
内部環境の状況を捉えて問題点を抽出し、真因の特定、戦略マトリクスを活用してグルーピング化
2. 実行計画書の作成及びホスピタリティサービスのルール化
1の課題に対してテーマを決めて実行計画書の作成を行う
またCS向上に向けてホスピタリティサービスのルール決めを行う。
3. ウェイマネジメント策定 スタート「素材の収集」
ウェイとは何か、事例、基本体系の説明及び策定~浸透、共有までの理解
その後、グループ議論へ。
組織の強み、課題、ターゲット、企画、顧客視点、社員視点、等 SWOT 分析とカードBS法で素材を収集
4. ウェイの凝縮「ビジョンの策定」
素材収集をもとに「いま大切にしていること」「未来に向けて実現したいこと」等
理念となる言葉を纏めていく
5. 企業理念のベース(言葉)作成
ビジョン実現にむけて「取り組むべきこと」や「変えたいこと」等議論を通じて
理念となる言葉を纏めていく
6. 企業理念とミッションの作成
5で纏めて出た4つの言葉を軸に、言葉の表現方法、ビジュアルイメージをカタチに落とし込み、言葉を明文化していきながら企業理念とミッションが決定
7. 価値基準の作成
企業理念、ミッション、ビジョンを考えながら価値について議論
「今大切にしていること」「未来に向かってやるべきこと」「共感を得るために必要なこと」
等質問を繰り返しながら個々の想いを引き出し、言語化へ、コアバリューを決める
8. 行動基準の作成
企業理念、ミッション、ビジョン、価値基準をベースに社員として持つべき意識や行動
実行すべきこと等グループワークにて5の行動基準が決定
9. ウェイマネジメントの共有と浸透に向けて
コンサル全体の振り返りと完成したウェイをもとに共有、組織に浸透するためにこれからやるべきことは何かを伝えてプロジェクト終了

OTHER CASES

ソフトウェア開発/マネジメント基礎力研修

販売代理店として2010年7月に契約
独自のマーケティング戦略モデル(ダイレクトレスポンスマーケティング)を取り入れた手法で、全国87店舗と取引中

サービス業/個人情報保護研修

新規事業立ち上げ支援
ビジネスモデルの構築、IT企業とのアライアンス、実行戦略までサポート

ソフトウェア開発/チームビルディング研修

地域に根ざした店舗構築をするために
店舗ごとの運営ビジョンとコンセプトを決めて戦略モデルを構築
ビジョン、戦略をベースとしたスタッフ育成、覆面調査、実行支援まで手掛ける